グッピーの水温の適温とは?

グッピー繁殖・飼育大百科 (6)-min
グッピーは私たちが良く知っている金魚等の魚とは違い、熱帯魚であることは皆さんもご存知の通りです。

熱帯魚は、水温の調節をしっかり保ってあげることで、元気に、そしてより丈夫に大きく育ってくれます。

でも、グッピーの水温の適温は何度くらいなんだろう、そして、その適温を保つにはどうしたらいいの?もしかしたらそんな疑問を持たれている方もいらっしゃるかもしれませんね。

今回はそんなグッピーを飼う為に必要な水温の適温と、その保ち方を考えていきましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

目次

グッピーの水温の適温とは?

まず、グッピーは本来あまり温度変化の無い環境で過ごす魚だということがポンイトです。

なので、なるべく適温に保ってあげることが、グッピーを元気に育てる為にはとても大切になってきます。

ではグッピーに適した水温は何度くらいかと言うと、およそ23度から26度くらいが良いと考えてあげて下さい。

なので、25度前後を目安にしてあげると良いでしょう。

水温が下がりすぎると、グッピー達の免疫力は落ち、病気にかかりやすくなってしまう為注意が必要です。

適温を保つ為に出来ることは?

日本は季節によって気温が大きく変わってくるので、やはり季節ごとに環境を変えてあげることが重要です。

例えば夏場と冬場、夏場は熱帯魚用の冷却ファンなどがお役立ちグッズとなります。

またその逆の冬場では、ヒーターを使って暖めてあげましょう。

しかし注意したいのが、ヒーターだけでは温度が上がりすぎてしまう可能性があります。

そのため、ヒーターは電源を入れたり切ったりとこまめな管理が必要です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする